FX2ちゃん投資まとめ


海外FXの魅力のウソとホント

最近、国内においてはFXのレバレッジに関して、金融庁による規制が決まりました。

FXとは、レバレッジが大きく関係してくる取引です。レバレッジの上限は、2010年より50倍、さらに2011年より25倍までとなりました。国内において、今までFXの取引を高いレバレッジをきかせて行っていたような人は、FXをやめるというようなことも考えに入れながら、FXの取引をこれからどのようにして継続していこうかと悩んでいるような人も多いそうです。

そのため、現在非常に話題になっているのが海外FXなのです。海外FXというのは、その名の通り、拠点を海外に置いているようなFXの業者のことで、当然ですが国内におけるレバレッジの規制の対象にはなりません。

海外のFXの業者と言えば、高いハードルがありそうな印象を持っている方も多いのではないでしょうか?しかしながら、そのような印象を一度捨てて、海外のFXの業者に注目してみることをおすすめします。

では、一体海外のFXの業者がおすすめの理由は、どのようなことがあるのでしょうか?海外のFXの業者がおすすめの具体的な理由についてご紹介しましょう。海外のFXの業者は、レバレッジの規制の対象にはなりません

houisre FX大手のTradingpointが全面リニューアルしてサービスを開始したのがXE Markets(XEマーケット)です。MetaTrader、Web Trader、iphone Droid Traderなど世界でもっともよく使われている7つのプラットフォームを用意、どんな方でもすんなりと取引に入っていいける環境を構築しています。

もちろん、XEマーケットが独自に開発したプラットフォームも用意されており、XEマーケットのシステムに最適化されたツールによって取引を行うこともできます。これらのプラットフォームをはじめ、さらにはサポートまでも完全日本語対応、24時間スタッフによる日本語サポートを受けることができるため、英語への苦手意識がある方でも日本国内の業者を利用するような感覚でXEマーケットを利用することができます。
hoiusre「MetaTrader4」と連携ができるThinkForexのオリジナル版が、今、注目を集めています。付属のエクステンションは、独自のワンクリック決済が可能。インストールが完了すると、チャートが速やかに自動で表示される、とても便利な機能を備えています。

ThinkForexのアカウント種別は、従来、「ベーシック」「スタンダード」「プロ」という3つの種類に分かれていました。しかし、2013年5月に大きな変化がありました。「ベーシック」「スタンダード」の2つのアカウントが統一され、一つのスタンダードアカウントになり、加えて、「アルゴ」というアカウントが追加されたのです。以来、「スタンダード」「プロ」「アルゴ」の3種類という現在のアカウントになったというわけです。

アカウントの種別変更の最大の特徴は、あらゆるアカウントの最大レバレッジが、500倍に統一されたこと。さらに、初回最低入金額が引き下げられたことで、トレードへの入り口が、よりスムーズになったとも言えるでしょう。
hoiurl 24optionは、英国に資本をもつ247ホールディングスという金融業者が運営している、バイナリーオプション専門のブローカーです。グローバルな運営を行っているので、世界各地の様々な国に幅広くサービスを提供しています。公式のホームページでは、英語はもちろん、フランス語、イタリア語、スペイン語、アラビア語、アジア圏では中国語や日本語など、全部で16ヶ国の言語にて対応しています。

この事からも、24optionが世界中で支持されているブローカーであることがわかります。日本国内でもバイナリーオプションを中心にサービスの提供を行っています。また24optionでは、更に口座数を伸ばすためにボーナスを用意しているブローカーでもあります。

バイナリーオプションブローカーでもボーナスを用意しているところはありますが、24optionはその上をいく充実したボーナスになっているので、口座開設を検討している人にはお得です。期間限定のキャンペーンがある場合は更に充実したボーナスが望めるので、情報はこまめにチェックしておく必要があります。

hiuアイフォレックスはFX初心者に好評の業者です。その理由は電話でのサポートサービスで、電話サポートオプションを選ぶとサポートがトレーダーに電話をかけ、取り引きの説明やアドバイスをしながら、実際の取り引きを進めていきます。

またアイフォレックスの取引ツールは非常に高機能で、プロにも評価を得ています。取引手数料が無料なことや、「メキシコペソ」「イスラエルシュケル」「シンガポールドル」などの他社ではあまり扱われない通貨が用意されていて、多角的な投資が可能なことから、初心者だけでなくプロにも評価の高い業者です。
ho1 海外のFX、ブローカーを利用する最大のメリットは、国内業者では不可能であるハイレバレッジの取引ができる点にあります。特に国内業者のレバレッジ規制が始まってから、FXの魅力は半減したと言えます。そしてそれが理由で、海外FXブローカーを利用し始めた人も少なくないでしょう。しかし一方で、海外FXブローカーのスプレッドが比較的広いことは、問題の1つでした。しかし海外FXブローカー間の競争も激しくなり、現在では高レバレッジで低スプレッドを提供する業者も出現し始めました。新興のPepperstoneも、そんな業者の1つです。

この業者はオーストラリアはメルボルンを本拠地とするFXブローカーで、特に豪ドルやNZドルの低スプレッドを実現しています。豪ドル/円のスプレッドは1~2.2pipsとなっており、これは海外FXブローカーでは、トップクラスの狭さです。そして他の通貨ペアにおいても、業界最狭クラスのスプレッドを用意しています。これらの状況を考えると、日本国内の業者に比較してスプレッドが広いということは、もはや過去の話といえるかも知れません。オーストラリアは資源国でもあり、高金利で安定している通貨としても有名です。このオーストラリアドルを有利な条件で取引ができるPepperstoneは、注目の業者と言って良いでしょう。


ほとんどの海外のFXの業者は、サポートを日本語で行っているため、簡単に口座開設から取引まで行うことができます。海外のFXの業者の場合は、クレジットカードによる入金や出金など、意外と入出金は簡単にできます。

海外のFXの業者の場合は、国内のFXの取引業者においてはあまり提供されていない、メタトレーダーと言われる世界標準のトレーディングのプラットフォームを提供しているところが多くあります。

メタトレーダは、海外FXの認識では、FXの発注や決済を行うシステムということをいい、ロシアのメタクォーツ社によって開発された高性能なFXトレード専用ソフトです。ほとんどの海外FX業者でメタトレーダーを採用しているので、取引を行うFX業者を変えたとしても戸惑うことはありません。

海外のFXの業者の場合、英語が得意な場合には、国内においては入手することが難しいような情報を入手することができる可能性もあります。

海外のFXの業者の場合は、サーバー環境が安定している取引ができるので定評があります。国内においてはほとんど知られていないような海外のFXの業者でも、海外においては大きな信頼を獲得しているところがあるので安心です。レバレッジの規制によって、国内のFXの業者はダメージを受けるのは必至なので、海外の業者の方が安心できることもありそうです。

このように、海外のFXの業者での取引では、考えていたよりも多くのメリットがあることが分ると思います。口座を海外のFXの業者で持つことが心配という方は、このようなことを考えた上で再度検討してみてはいかがでしょうか。

間接投資とは、自分の利益を出す為に行う投資のことです。

個人で普通に証券会社を利用して株式を購入し、値上がりした分の差額や、株主への優待を求める行為がそのままこれに当たります。自分が投資した商品の価値が上がることや、その付加価値を求めて投資すること全般を指します。
一般的な投資家が行っている投資行為は、ほとんどがこれに当たると考えてください。自分の利益の為に投資を行うのが投資家なので、当たり前といえば当たり前のことです。

これに対して直接投資とは、主に経営権(その他、運営権などの何かしらの権利を指すこともあります)を獲得する為に投資を行うことを指します。
例えばある会社の株式の51%以上を取得すれば、その会社の経営権を握ることができます。それを狙ってその会社の株を購入するような行為がこの直接投資です。

これはほとんどが企業が行う投資行為ですが、比較的小さな企業を狙って個人で行う場合や、何人かのグループで行う場合もあり、あと何%を取得すれば51%に達するといったケースで残りの分を購入するような行為もこの直接投資に該当すると言っていいでしょう。
企業が行う直接投資は国内企業同士だけでなく、日本企業が海外企業の経営権を獲得する為に、逆に海外企業が日本企業に対して同じく経営権を獲得する為に行うことがあり、前者を対外直接投資、後者を対内直接投資と呼んでいます。

このように、間接投資と直接投資は投資の目的が個人の利益の為なのか、それとも対象の経営権などを獲得することなのかという違いがあります。
個人投資家やデイトレーダーなどが個人の利益を追求する為に行っているのは全て間接投資で、これは株式投資だけに限らず、金や原油の採掘権を購入するような行為や、先物取引でも使われる言葉です。
そのような投資は経営権やそれに類似する権利を求めて行う訳ではない為、そのほとんどが間接投資に当たりますが、中にはある程度の投資を行うと何かしらの権利が得られる場合もあり、そういうケースでは直接投資に該当することもあります。

ですが、特にその投資が間接投資なのか、直接投資なのかといったことを意識して投資をする必要は全くありません。元々この間接投資や直接投資といった言葉は経営学用語で、主に第三者がその投資がどのような目的の為なのかといった判断に使う言葉です。投資家や各種のトレーダーも、この投資は間接投資などといちいち考えて投資を行ってはいませんし、気にする必要自体がありません。
用語として、また知識としては知っておいて損はありませんが、実際には特に気にする必要はないと言ってしまっていいかも知れません。

FXの取引できる時間

FXの取引できる時間は、株式取引とは違い大変長時間です。すごく普通の会社員が、平日会社から帰宅してからでも十分リアルタイムで参加できる金融取引です。そのためFXは、通貨の値動きを自分の目で見ながら為替取引に参加できます。

ですから、注文を予め出しておいて後は寝て待つようなやり方よりも、為替変動を見てチャンスだと思った時に自分の手で注文を出せるので、平日働いているサラリーマンに非常に向いている金融商品だと思います。


houisrerere